ナチュラルなヘアケア

ナチュラルな製品がヘアケアにとってなぜ大切なの?

最近ノンシリコンシャンプーという言葉を聞くようになってきたと思います。また頭皮のことを気にする人も増えているのか、頭皮のケアをうたった製品も市場 に出てきています。
ここで問題となってくるのは、どういった成分が使われていてどんな効果があるのかということだと思います。

シャンプーをはじめとした化粧品の裏の表記に内容成分という欄があり、そこを見ていただくとどんな成分が入っているかというのが分かります。
ご存知だと思いますが、ノンシリコンシャンプーというのは、シリコンを使っていないシャンプーのことです。
(ヘアケアを含む化粧品を作るときには、どんな効果を持たせたいかによって、配合する成分を決めていきます。
そしてその効果が配合目的と言われるものです。)

シリコンの配合目的としては、髪の表面につやを持たせるということなのですが、これがパテのように髪のキューティクルを穴埋めすることで、見せかけのつや感をだす。というような成分なので、髪本来の健康という面が問題視されているのでしょうか。

最近は、そういったことに意識を向けていく消費者が増えてきたために、こういった製品が出てくるようになったという背景があります。
皆さんの中には、口に入れる食べ物や顔につけるクリームなどをなるべく、ナチュラルなものやオーガニックのものにしていくことを、意識されている方も多いかと思います。

私たちが提起したいのは、こういった身の回りのものと同じような感覚で、ヘアケア製品についても気をつけていくということです。

なぜ、石けんシャンプーなの?

ミスアプリコットの製品を使おうと思われる方の中には、

普通のシャンプー(合成界面活性剤が使われているものがほとんどです)を使っている人
普通のシャンプーから少しナチュラルなノンシリコンシャンプーへ切り替えた人
オーガニックと名前のついた製品を選ぼうと思っている人(どの成分がオーガニックでしょうか)
石鹸シャンプーを使っていたが、使用感が合わずやめてしまった人
石鹸シャンプーを使い続けている人

などがいると思います。

成分の見方は後半のブログでお伝えしますが、内容成分表記の一番左から順に配合料が多いものになっています。その中で見慣れない化学成分が羅列してあるだけで、どんな成分なのか、全く見当もつかないものも多いかと思います。
詳しく知りたい方は「化粧品成分一覧辞典」という本が出版されていますので、参考になさってください。

シャンプーの例で言うと、シャンプーの一番に目的とされるのは「洗浄」です。ですから水の次にこの成分が一番配合が多くなっているものが多いと思います。

多くのシャンプーに「合成界面活性剤」という洗浄剤が使われ、石油からできているものもあれば、植物から出来ているものもありますが、主には油汚れを水にとかして分解する役割です。

シャンプーに使われている「合成界面活性剤」の中には食器洗いなどに使われている洗浄成分と同じ成分のこともあります。みなさんは、食器洗い洗剤を髪にかけて洗おうとは思わないですよね。

「合成界面活性剤」は本来混じり合わない水と油を混ぜ合わせる働きをします。
つまり油を水に溶かしやすくするのです。このことは肌の表面から内部に浸透させる力があるということです。

そして、合成界面活性剤を使ったシャンプーでは、洗い流した後も頭皮などから浸透する可能性や、川や海に流された後の水の中で界面活性作用が続く可能性があるということです。お母さんの羊水からシャンプーの香りがした。というような話が聞かれるように、いわゆる経皮毒の問題や、川や海に住んでいる魚から吸収され、それを私たちが食べることによる複合汚染にもつながっているとも言われています。

石けんも界面活性剤のひとつですが、ナチュラルな石けんの界面活性作用は水に触れることでなくなります。この点で石けんは分解性が高く、体や環境に優しいと言えるでしょう。

ヘアケア製品が環境に及ぼす影響のみではなく、あなたの体に与える影響についても考えて、ヘアケア製品を選んでいただきたい。だから石けんシャンプーをミスアプリコットではおすすめしています。

石けんシャンプーをしてみたいと思われた方は、
How To シャンプーのページへどうぞ!

 
 
コメント

Your email address will not be published.required

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)